健康

女性ホルモンと美肌の関係

女性ホルモンが増えると美肌になれるとよく耳にしますが、実際のところどうなんでしょう?

女性ホルモンとは?

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。月経の周期と連動しており、それぞれの分泌が増えたり減ったりを繰り返しています。
これらは女性らしい体を作り上げる作用があります。また、骨、血管、筋肉を強くし、脳や神経の働きを助ける、皮膚の水分量やコラーゲンを増やし、弾力がある肌を保つ、髪に艶とハリを与えるなどの働きがあります。
このように密接にかかわっているので、ホルモンバランスを崩すと、体調の不調につながってしまいます。

美しさに関わるホルモン エストロゲン

エストロゲンは子宮内膜を厚くして、妊娠の準備をするホルモンです。月経後から排卵前に分泌量が増えます。エストロゲンには肌のうるおいを保つ働きがあります。肌の潤いを保つには、肌の角質層にあるセラミドという水分を保持する成分が十分にある必要があります。エストロゲンはこのセラミドを増やす作用があるので、エストロゲンの分泌量が多い排卵前まではお肌の調子がいいようです。
エストロゲンが正常な量で分泌されることにより、新陳代謝をアップさせて脂肪を分解し、ボディラインを引き締める効果が期待できます。

女性ホルモンは増やせない!?

女性ホルモンが一生のうちに分泌できる量は限られています。分泌量のピークは20代後半から30代前半で、その後は減っていく一方です。年齢と共に減少していきます。女性ホルモンは分泌の量のバランスが整っていることが重要であり、女性の美や健康を保つ効果があります。「増やす」というよりも「整える」と言った方が正しいです。

女性ホルモンを整える

生活習慣を改善することにより、女性ホルモンを整えることができます。また、漢方薬やサプリメントを摂取する方法も効果的です。しかし、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンが絶妙なバランスで保たれているので、そのバランスがサプリメントなどでホルモンを補充することにより乱れてしまう可能性がありますのであまりおすすめできません。女性ホルモンの補充は本来、医師の管理のもとに行わなければならないものですので、市販のサプリメントなどをむやみやたらと摂取するのは危険です。
厚生労働省が女性ホルモンサプリの危険性について研究されています。大豆イソフラボンについては明確な基準、副作用等を公表しています。エストロゲンなどの女性ホルモンには乳がん、子宮がん、子宮内膜症などの副作用が懸念されます。適切な量を飲む場合は心配はありませんが、過剰に飲み続けると副作用のリスクもあることをしっかり頭にいれておいた方がいいでしょう。

関連記事

  1. 美容

    気になる唇の荒れ!皆がうらやむ唇美人を目指して・・・

    乾燥はお肌の天敵と言っても過言ではありませんよね。顔のパーツの中で皮膚…

  2. ニキビ

    あなたのお肌はどのタイプ?

    皆さんこんにちは。今日はお肌のタイプについて紹介したいと思います。…

  3. 美容

    ハイドロキノンのホワイトニング美白(ブリーチ)効果

    シミを薄くしてくれるハイドロキノンその効果は医療機関でも使用されるほど…

  4. 美容

    蒸しタオルのすごすぎる美容効果とは?

    エステなどでもよく使われる「蒸しタオル」によるお肌のケアですが、いった…

  5. シミ・そばかす・くすみ

    シンプルケアで美肌GET!

    様々な効果のある化粧品がある今日ですが、お肌がキレイな人に限って実はシ…

  6. 健康

    良質な睡眠は美白の第一歩!

    朝起きたら頭が重い!毎日忙しくて寝足りない!寝ても疲れがとれない!なん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. BIHAKUホワイトエッセンス美容液

    BIHAKUホワイトエッセンスで消える?シミの種類
  2. 美容

    こんなところにも!?スマホやPC焼けでシミができる?
  3. 美容

    蒸しタオルのすごすぎる美容効果とは?
  4. シミ・そばかす・くすみ

    シンプルケアで美肌GET!
  5. 健康

    お肌の疲れは目元から クマの種類と対策
PAGE TOP