美容

イヤ~ないちご鼻!原因と対策を調べてみました。

女子の皆様!一度はお鼻の角質に悩んだこともあるのでは?
かれこれ私も中学生の頃からいちご鼻に悩んでいます。あの頃に比べると多少今の方がマシにはなってきているんですが、やはり気になってしまいますし、化粧で隠そうとしても難しいです・・・。朝鏡を見た時、角質が飛び出ていたらもう、本当に憂鬱です。今回は、そんな毛穴のトラブルとその原因を一緒に学んでいきましょう。

もー嫌だ!!毛穴って何故つまるの?

多くの人が悩んでいるであろう、毛穴の黒ずみですが、そもそも何故毛穴の汚れが目立つようになってしまったのか、原因を調べました。最近はたくさん毛穴ケアの商品が販売されていて、皆さんも新商品が出るたびに試したり、などされていませんか? 実は、その毛穴のケア方法にも問題があったのです!

毛穴のつまりの正体は・・・

毛穴のつまりの原因は、毛穴から出る皮脂と、古い角質(たんぱく質)がまざりあったものです。これは、角栓と呼ばれています。
この毛穴のつまりは、皮脂腺の多い鼻にできやすいのですが、よーく見ると頬や顎、オデコなどにもできちゃうんです!!
毛穴の黒ずみができてしまった状態をいちご鼻と言いますが、このいちご鼻の原因は角栓が酸化し、黒く変色してしまっているからなんですよ。

角栓ができる原因

このにっくき角栓ができたらもう、大変!!やっぱりこやつらを撃退するなら原因を突き止めるべし!!

原因その1:過剰な皮脂分泌
おでこから鼻のライン、Tゾーンはどうしても皮脂分泌が多いです。
毛穴はそもそも、皮脂を分泌することで乾燥を防いだり、ホコリなどの外的刺激から肌を守る働きがあります。しかし、ターンオーバーが乱れたり、ストレスなどが原因で、皮脂が固まり、毛穴を詰まらせることがあります。

原因その2:毛穴の大きな広がり
乾燥肌や肌の保湿がしっかりできていない場合、お肌は乾燥を防ごうと皮脂を分泌させます。
この状態が長く続くことによって、毛穴が広がり、皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまいます。
また、加齢によって肌の弾力が低下すると、毛穴の形が変形して広がり、毛穴が詰まりやすくなります。

原因その3:ターンオーバーの乱れ
肌のターンオーバーにより古い角質がはがれおち、新しい角質が押し出されて、肌表面の状態を整えていますが、ターンオーバーが乱れてしまうと、角質がはがれおちなくなってしまい、皮脂と混ざり、毛穴に詰まってしまいます。

原因その4:不十分なクレンジング
メイクの残りも原因の一つです。クレンジングが不十分だと、メイクの残りと古い角質とが混ざり合い、その汚れなどが毛穴に詰まってしまいます。

原因その5:毛穴に刺激を与える
毛穴の汚れが気になるからって何度も毛穴パックに頼っていませんか?
毛穴パックはごっそり汚れがとれるので、一番効果を実感しやすいと思います。私もついやっちゃうんですが、あれって実は毛穴周辺の角質層も一緒にはがしてしまうから、あんまりおすすめできないんです・・・。他にも爪や毛抜きなどで無理やり押し出したりしていませんか?

とにかく肌を傷つける行為がNG!ですので、肌を傷つけないように毛抜きで引っこ抜くのは結構有効みたいですよ!
また、頻繁に手で鼻を触るのも良くないです。手は雑菌だらけですので、その雑菌が鼻に入り込んじゃいますので注意!

じゃあどうすればいいの?


そもそも、毛穴がつまることって当然のことですので、毛穴のつまりを根こそぎとろう!なんて考えてもしょうがないのです。
ですので、私たちができることは、いかに肌の状態をよくできるかってことと、余分な汚れをなるべくなくすことです。

スキンケアを見なおす

いちご鼻で悩んでいる方、自分のスキンケアは本当に問題がないか見直してみてください。
保湿は十分にされていますか?毛穴が気になるからってゴシゴシこすりすぎていませんか?
その間違ったスキンケアが、さらに毛穴を刺激し、余計毛穴のつまりを悪化させてしまっっているのです。
正しいスキンケアと保湿で、健康的なツルツルお肌を手に入れましょう!

正しいスキンケアの方法は、こちらにも書いていますので、よかったらご覧くださいね。
BIHAKUホワイトエッセンスでスキンケア 美容液っていつ塗るの?

オイルと綿棒でクルクルマッサージ

最近、綿棒にオイルを付けて、クルクルマッサージすると角栓がごっそりとれるとTwitterで話題になっているようです。
ただ、力をいれすぎるのはあまりよくないみたいですので気をつけてくださいね。

生活習慣を改める

ビタミンCをしっかりとり、適度な運動を心掛けましょう。

皮膚の元になるタンパク質や、皮膚の保湿に効果のあるアミノ酸などを積極的に摂取することが大切です。

炭水化物だけでなく、タンパク質を含む肉、魚、乳製品、卵などを意識してバランスよく食べるようにしましょう。

また、肌のターンオーバーを促してくれるビタミンAを含む緑黄色野菜、卵、鶏・豚レバーや、

亜鉛を含む牡蠣(かき)、豚レバー、それとビタミンCを含む果物、イモ類をしっかりとりましょう。

また、夜ふかしをしてしまう人も多いですよね。 体が休んでいる深い睡眠状態のノンレム睡眠の時間(午後10時~午前2時)に、

新陳代謝が一番活発になり成長ホルモンが多く分泌されます。

この時に肌の修復や新陳代謝が活発になっているので寝ている間に修復され、肌がキレイになるのです。

肌あれを繰り返す方はこの「睡眠」をしっかり取るだけで改善されると言われています。

きちんと睡眠をとりましょう。

関連記事

  1. シミ・そばかす・くすみ

    シンプルケアで美肌GET!

    様々な効果のある化粧品がある今日ですが、お肌がキレイな人に限って実はシ…

  2. ニキビ

    ビタミンB群の力で肌荒れ知らずに!

    美肌と言えばビタミンです。中でもお肌に良いのはビタミンB群で、8種類あ…

  3. 健康

    ルイボスティーの美容効果と副作用

    美容や健康に人気のお茶「ルイボスティー」ですが、皆さんは普段飲まれてい…

  4. 健康

    お肌の代謝をあげる方法。デトックス効果で美肌

    人の体の中には知らず知らずのうちに老廃物や食品添加物、排気ガスなどが原…

  5. 健康

    お肌の天敵、ストレスを解消するには?

    お肌の天敵ともいわれるストレス!ストレスが全くないという状態は不可能で…

  6. 美容

    ピーリングのすごすぎる美白効果に注目

    「ピーリング」についてご存じですか?ピーリングは古い角質を取り除い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. BIHAKUホワイトエッセンス美容液

    BIHAKUホワイトエッセンスの効果で活性酸素除去!
  2. 健康

    女性ホルモンと美肌の関係
  3. その他

    美白になるならこのクレンズジュースがはずせない!!
  4. BIHAKUホワイトエッセンス美容液

    BIHAKUホワイトエッセンスでスキンケア 美容液っていつ塗るの?
  5. 美容

    手orコットン?スキンケアの基本化粧水の効果を高めるのはどっち?
PAGE TOP