健康

お肌の疲れは目元から クマの種類と対策

最近よく、周りの人から「なんだか疲れてない?」なんて聞かれることが多くありませんか?
鏡をご覧ください!目の下にクマさんが・・・!!!
睡眠不足、生活習慣などによってクマはできてしまいますが、実はクマには種類があってそれぞれケア方法が違います。
顔は第一印象に影響を与えてしまうので、しっかりケアをして明るい目元を取り戻しましょう!

クマの種類と原因


眼球の間周りはたくさんの毛細血管が通っており、血液によって目に栄養や酵素を送り込んでいます。
瞼の皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないため、乾燥しやすく、こすったりするなどの刺激を与える事によって色素沈着を起こしやすいのです。

黒クマ

目の下のたるみや皮膚のへこみなどが原因となっておこるクマです。
このタイプには二つ原因があります。
①生まれつき目の下の脂肪が少ない。加齢により目の周りの脂肪が委縮したり、皮膚のたるみの影響で皮膚のへこみが目立つために影ができている。
②加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるみ、眼窩脂肪が突出することによりたるみが生じ、その下にへこみができる。
黒クマはコンシーラーで隠すことは難しく、メイクで隠すと逆に目立ってしまいます。

【見分け方】
クマができている場所にライトを当てたり、上を向いたりしてみましょう。光に照らされて影が薄くなるようであればそれは黒クマです。

【対策】
黒クマの原因は主に加齢によるものですので、アイクリームなどで皮膚がたるんでしまうことを予防しましょう。
細胞を活性化してくれるコラーゲンや海藻エキス、ヒアルロン酸などが含まれるクリームが効果的です。
また、保湿ケアも重要な鍵になってきます。肌が乾燥するとたるみやすくなってきますので、ゴシゴシと目元をこすらないようにしましょう。

青クマ

青クマは目の周りの血行不良によってできるクマです。肌の下の血管が、うっ血した状態で青っぽく見えます。
血行不良は、生活習慣の乱れ、寝不足や過労、ストレスなどの他、目を酷使することで起こります。
PCやスマホの酷使なども原因の一つです。

【見分け方】
目の周りの皮膚を少し引っ張ると薄くなり、クマにファンデーションを塗ると、消えるなら青クマです。

【対策】
マッサージやホットパックなどで血流をよくするのが効果的です。マッサージはアイクリームなどを塗ってから優しく行いましょう。
強い力ですると、茶クマの原因にもなってしまいますので注意して下さい。
また、全身の血行をよくする努力をしましょう。半身浴、適度な運動などで体を温めるのが効果的です。
さらに、バランスのいい食事などを心掛け、鉄分の多く含まれる食事を意識して摂るようにしましょう。

茶クマ

主な原因は色素沈着です。紫外線から受けたダメージに加え、目をこすりすぎることで色素沈着を起こしやすくなります。
また、皮膚炎や乾燥によるかゆみ、化粧品かぶれや落としきれなかったマスカラなどが原因になっていることもあります。

【見分け方】
目の下の皮膚をひっぱってみても、薄くならないのが特徴です。

【対策】
解消するには美白と保湿ケアが重要。保湿をするときはシミ対策ができる美白化粧品を選ぶようにしましょう。目の周りのUVケアはもちろんのこと、目元に刺激を与えないようにしっかりと保湿ケアをしましょう。
また、クレンジングと洗顔の見直しをしてください。無意識にこすりすぎる洗顔をしていませんか?

関連記事

  1. 美容

    美白に見えるメイクを伝授!これであなたもマシュマロ肌

    メイク一つで顔が全く違ったり、すごいですよね!すこぢコツをとりいれるだ…

  2. ニキビ

    ビタミンB群の力で肌荒れ知らずに!

    美肌と言えばビタミンです。中でもお肌に良いのはビタミンB群で、8種類あ…

  3. シミ・そばかす・くすみ

    シンプルケアで美肌GET!

    様々な効果のある化粧品がある今日ですが、お肌がキレイな人に限って実はシ…

  4. 健康

    お肌の天敵、ストレスを解消するには?

    お肌の天敵ともいわれるストレス!ストレスが全くないという状態は不可能で…

  5. 美容

    ピーリングのすごすぎる美白効果に注目

    「ピーリング」についてご存じですか?ピーリングは古い角質を取り除い…

  6. ニキビ

    ニキビと思いきやカビが原因!?悩める背中ニキビの原因と対処法

    一度できてしまったらケアに本当に困ってしまうのが背中ニキビですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 美容

    ピーリングのすごすぎる美白効果に注目
  2. 美容

    ベビーパウダーは美白効果があるってホント?
  3. シミ・そばかす・くすみ

    フルーツ好き必見!朝フルーツが肌に及ぼす影響
  4. 健康

    肌トラブル「冷え」が原因でも起こる?
  5. シミ・そばかす・くすみ

    美白の天敵、くすみの種類
PAGE TOP